めざせ公立中高一貫校合格!塾の宿題、効果的なやり方はある?

Aki
この記事を書いた人
外資系不動産投資会社で、子育てしながらゆるめに働いてます。
小学生のむすめのママで、インデックス投資もやってます♪
楽しいことや美味しいものが大好き♡
やりたいことは全部やってみながら、たのしくいこう!

こんにちは。Akiです。

小4の娘は、公立中高一貫校合格目指して塾に通っているのですが、

先日、初めて順位がでる適性検査の模試がありまして。その結果、娘は平均点くらい。

娘は塾に行き始めてから、学校の勉強は目に見えてできるようになったので、

Aki

さすが我が娘!優秀!やればできる!

と思っていたところだったのですが、塾のテストが平均点では、高倍率の公立中高一貫校にはとても合格できません。

そこで、ピンチはチャンス!

成績アップを目指して、勉強方法をもう一度見直すべく、塾の先生にヒアリングしてみました。


目次

めざせ公立中高一貫校合格!塾の宿題、効果的なやり方はある?

娘の場合、塾に行き始めて最初の壁は、なんといっても宿題でした。

授業の内容をきちんと定着させるには、宿題、とくに解き直しはとっても大事。

でも、学校で毎日出される宿題にプラスで、

週3回、教科ごとに出される塾の宿題を、習い事や遊びの間にやることは、まだ自分でスケジュール管理がうまくできない小学生にとっては本当に大変です。

そしてわが家の場合、わたしが働いているので、平日にゆっくり宿題を見てあげることができず、、どうしても宿題を溜め込んでしまって、週末に一気に片付けるスタイルでした。

塾の個人面談でも、この「週末宿題一気片付け」についてはやめた方がいいと指摘されていたのですが、なかなか改善できず。

Aki

これを機会に宿題の進め方を見直してみよう!

うん!頑張る!

塾もオススメ!効果的な宿題のやり方

◎とにかく解き直しを優先!

塾の先生

授業でやった問題の解き直しは、2日以内にやるのが効果的!

◎毎日宿題をやる時間を決めよう!

塾の先生

毎日決まった時間に宿題をすることで、勉強の習慣がつく!

◎宿題をやる時間帯は朝が最も効果的!

塾の先生

朝は脳のゴールデンタイム!記憶の整理がされ、頭もすっきりで勉強するのにもってこい!

◎朝が難しい場合は夜でもOK

塾の先生

寝る直前の記憶は定着されやすいから、特に暗記ものが効果的!

わが家の場合は、娘とよく相談して、

朝は母娘ともにハードルが高すぎるので、まずは毎日コツコツ、夜に宿題をやってみることにしました。

ママと一緒に宿題スケジュールを考えてみたよ!

◎月曜日

塾(国語・算数)

宿題(国語解き直し、毎日計算、毎日漢字)

◎火曜日

習い事(ピアノ)

宿題(算数解き直し、毎日計算、毎日漢字)

◎水曜日

塾(英語)

宿題(毎日英語、毎日計算、毎日漢字)

◎木曜日

習い事(習字)

宿題(毎日英語、毎日計算、毎日漢字)

◎金曜日

塾(理科・社会)

宿題(理科解き直し)

◎土曜日

習い事(空手・スイミング)

宿題(社会解き直し)

◎日曜日

遊び!!

このようにスケジューリングをしてみたところ、

Aki

なんということとでしょう!

絶対に平日に片付けるのは無理だと思っていた塾の宿題が、学校の宿題と合わせても、毎日一時間くらいで完了し、日曜日は一日中フリーに!

勉強も、仕事と同じように、まず最初にスケジュールをきちんと立てると効率よく進めていけるのかもです。

勉強法を変えた結果がすぐに出るのかわかりませんが、週末に丸一日遊べる時間ができたのは大きな収穫でした。

塾の成績順位と子供の気持ちについて

ところで。

初めての娘のテストで、わたしはとっても大きなミスをしてしまいました。

それは、テスト結果を知って、娘の頑張りを誉める前に、ランキング上位のお友達を褒めてしまい、、

ママが人と比べたのが嫌だった!

と大泣きし、本当にびっくりしました。

マイペースな娘の性格からして、そんなことで泣くほど傷つくとは思わなかったのですが、よく考えてみたら、一人っ子の娘は、わかりやすく人と比べられるというのが初めての経験で、

それなのに母親のわたしが、よく頑張ったね!というより先に、もっとお友達のように頑張って!という気持ちを出してしまい、、

Aki

ほんとごめんね。。

赤ちゃんの時は、なにしろ健康に育ってくれればそれだけで十分と思っていたのに、塾に行き始めてから、娘はとても頑張っていて、それは十分に知っているのに、余計なことを言ってしまった自分に深く反省です。

でも、もし、今後も頑張って勉強しても成績が上がらなかったとしたら?

そして、娘が小学生にして、「わたしは頑張ってもできない人間だ」というような気持ちになってしまうとしたら?

そんなことになってしまうくらいなら、塾や中学受験なんてやめた方がいいのでは?と勝手に悩んでしまい。。

でも、今まで初めてなりよく頑張ってきた娘は成長していて、

Aki

なんで受験をしたいんだっけ?

頭が良くなりたいけど、勉強するには目標があったほうが頑張れそうだから。
だから、わたしは人を目標にしてないよ。だから、ママも人と比べないで。

てっきり、家から近いから、とか、制服が可愛いから、とかいうと思っていたわたしは、目から鱗というか、むしろ、解答がしっかりしすぎてて、

Aki

何かの本に書いてあったのか?!

でも、なんだかとても安心しました。

中学受験をする子は、小学生なのにもかかわらず、多かれ少なかれ自分の時間を犠牲にして勉強をしています。

だから、勝手に色々心配するよりも、わが子を信じて、勉強は自分のためにするもの、志望校に合格できずに普通の公立に入学しても、自分の頑張りは無駄にはならないということを、今後もきちんと伝えながら、どんな時でも1番の味方になって全力でサポートしていきたい、と改めて思いました。

子育ては日々新しいことが出てきて、悩むことも度々ありますが、

Aki

一緒に成長して行けたらいいな

と思った出来事でした。

超プライベートなエピソードで恐縮ですが、もし、なにかの参考になれば嬉しいです!

BlogMap
Akiのブログ情報 | BlogMap ブログマップに登録するだけで「Google以外からの検索流入を期待できる」ようになります。ブックマークをしてもらえれば更新情報の通知も届くので、もっとブログ読者を増や...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次